旅★旅マイレージ・ライフ

特典旅行を夢見てこつこつマイルを貯める隼人と涼子!今日もマイルを求めて奮闘してます

マイレージプログラムの選び方(3/4)マイルの有効期限を延長させる方法?

※4回シリーズでお送りしている「マイレージプログラムを選ぶ際に考慮しておくべきポイント」の3回目です。

前回は、加入する前に必ずチェックしておきたい5項目の2番目「マイルの有効期限」について、3大アライアンスに所属する航空会社ベースでお話ししましたが、いかがでしたか?マイルの有効期間が長めに設定されているプログラムもあれば、有効期間の設定は短めでも期限の延長措置を設けているプログラムもあったりと、ほんとうに各社バラバラで全く統一されていませんでしたよね(笑)

ここでは、前回の「マイルの有効期限」でお伝えしきれなかった、マイルの有効期限を延長させる方法についてお話ししていきたいと思います。

マイレージ加入前に必ずチェックすべき項目(その3)

チェック項目3. マイルの有効期限を延長させる方法はあるか?

マイルの有効期限はアライアンスごとに統一されているわけではなく、各航空会社が独自のルールに沿って決定しています。そのため、デルタ航空のようにマイルに有効期限がないところもあれば、有効期間がすごく短くて、特典に交換できるほどマイルが貯まる前に期限を迎えてしまいそうなところもあったりと、ほんとうに各社バラバラです。

でも、有効期限のないデルタ航空とか、有効期間の長いプログラムを選ばないと損するのでしょうか?・・・答えはNOです!

なぜなら、たとえマイルの有効期間は短くても、なんらかの方法で期限を延長させる措置を設けているプログラムが多いからです。有効期限を延長させる方法はいろいろありますが、一般的なのは次の3つの方法です。

  1. 有効期間内にマイルを動かす
  2. マイルを購入する
  3. 上級会員になる

マイルの有効期限を延長できるかどうかは、マイルの貯めやすさに直結してくるのでプログラムを選ぶ際の要チェック項目といっても過言ではありません。では、有効期限を延長させる方法について、もう少し詳しくお話ししていきましょう。 

マイルの有効期限を延長させる方法って?

マイルの有効期限を延長させたいときによく使われるのが、1.有効期間内にマイルを動かす方法、2.マイルを購入する方法、3.上級会員になって有効期限をなくす方法です。でも、現実的なのは1と2の方法です。3の上級会員になって有効期限をなくす方法は、かなりハードルが高く、頻繁に飛行機に乗る機会がある方でなければ難しいかもしれません。ですが、マイルの有効期限を延長させる方法としては「あり」なので紹介しておきたいと思います。

1. 有効期間内にマイルを動かす

もう、読んで字のごとしです!!とにかく有効期間内にマイルが動くアクティビティをすることで、マイルの有効期限が延長されます。

なぜ「マイルが動くアクティビティ」と書いたかというと、プログラムによってはマイルを獲得した場合だけでなく、マイルを使用した場合も「マイルが動いた」と認識され、有効期限が延長されることがあるからです。一般的には、マイルが動いたことが認識された時点から、該当プログラムが設定している月数分マイルの有効期限が延長されます。

具体的にユナイテッド航空マイレージプラスの場合を見てみましょう。マイルの有効期間は18ヵ月ですが、その間にマイルを獲得すると、その時点から持っているマイルすべての有効期限が18ヵ月延長されます。ただし、獲得したマイルがアカウントに反映されるまでに6~8週間かかる場合があります。あまりにもギリギリだと期限内にアカウントに反映されないリスクがあるので、定期的にサマリーを確認して余裕を持ってマイルを動かすようにしたいですね。

さて、マイルが動くアクティビティですが、代表的なのは次の4つです。

 提携のクレジットカードを使う

f:id:Hayato_Ryoko:20190612221517j:plain

出典:Republica at pixabay 

ほとんどの航空会社がクレジットカードと提携しています。提携のカードを使うたびに金額に応じたマイルを獲得できるので、カードを利用している限りマイルアカウントは動き続け、実質的にはマイルの有効期限がなくなるようなものです。一般的には100円につき1マイル獲得できますが、カードの種類によっては100円=0.5円と還元率が低いものや、100円=1.3マイルとか1.5マイルと還元率が高いものもあります。ただ、還元率が高いと年会費も高いことがあるので、還元率と年会費のバランスを見極める必要があります。

 提携会社のサービスを使う

f:id:Hayato_Ryoko:20190612221520j:plain
出典:StockSnap at pixabay 

提携サービスを利用するとボーナスマイルを獲得できるので、マイルアカウントを動かせます。またまたですが、ユナイテッド航空マイレージプラスの提携サービス例を紹介します(笑) マイレージプラスにはホテル予約サイト「ユナイテッドホテル」というサービスがあり、ここを使って宿泊予約するとUS1ドルにつき2マイル獲得※注意できます。
※注意 2019年6月現在の情報です。マイル獲得の条件は時期によって変わります。

ユナイテッドホテル経由で宿泊予約をするだけで、有効期限の延長の条件はクリアだけど、ユナイテッドの提携クレジットカードで支払いをすれば、さらにマイルが貯まってウハウハです!

 

 マイル有効期限内に再度フライトする

f:id:Hayato_Ryoko:20190612221526j:plain

出典:RyanMcGuire at pixabay 

マイルの有効期間内に、自社運航便もしくは同じアライアンスの航空会社が運航しているフライトに搭乗すると有効期限が延長されます。これがマイル獲得の王道なのですが、飛行機にのる機会が少ないと難しいかもしれませんね。もうこうなったら、フライトマイルを獲得するために小旅行を計画して、思いっきりリフレッシュしましょう!そうしたら、旅に出るきっかけ作りになって結果オーライかも???

マイルを使用する

f:id:Hayato_Ryoko:20190612230603p:plain

出典:Alexas_Fotos at pixabay 

マイルを特典旅行と交換する、ホテルやレンタカーの予約に使う、慈善団体に寄付するなど、マイルを使うことによって「マイルが動いた」と認識され、有効期限が延長されます。北米の航空会社では、マイルを使用した=マイルが動いたと認識しているところが多いのですが、航空会社全体でみるとマイルを使用して有効期限が延長されるプログラムは少ないですね。

2. マイルを購入する

マイルは購入することが可能です!有効期限が近づいてきたけど、特にフライトの予定もないというような場合には、マイルを購入して有効期限を延長できます。プログラムによっては、マイルを購入することで失効したマイルを復活させることができます。ただし、すべての航空会社がマイル購入のサービスを行っているわけではありません。一切マイルを購入できないプログラムもあるので注意が必要です。

有効期限が切れそうな大ピンチに陥った時、うっかりマイルを失効させてしまった時に、マイルを購入できるとすごく助かるので、自分が入会しようと思っているマイレージプログラムに、マイル購入のサービスがあるかどうか確認しておくことをお勧めします。

3. 上級会員になる

マイルの有効期限を延長させる方法として、おそらく一番ハードルが高いのがこの上級会員になる方法でしょう。一般的に、1月~12月の12ヵ月間に積算されたポイントや搭乗回数に応じてサービスステイタスが決まります。わかりやすいようにJALを例にとってみます。JALでは、ダイヤモンド、サファイア、クリスタルなどのステイタスを用意しています。通常、JALマイルの有効期限は36ヵ月で延長措置がないのですが、ダイヤモンド会員になるとマイルの有効期限がなくなります。

でもね、ダイヤモンド会員になるための条件がすごく厳しいんです(+д+)=3 もう、マイルの有効期限がどうのこうのっていう次元の話じゃなくなるくらいの難関!

参考までに、JAL公式からダイヤモンド会員の条件を引用しておきます。

「JMBダイヤモンド」について

JALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便へのご搭乗が以下に該当するお客さまにお届けします。

◆毎年の1月~12月の12カ月間(暦年)で100,000FLY ON ポイント(うちJALグループ便50,000FLY ON ポイント)以上

◆または120回(うちJALグループ便60回)以上かつ35,000FLY ON ポイント以上

まとめ

たとえマイルの有効期間が短くても、期限を延長させる措置を設けているプログラムはたくさんあります。気になるマイレージプログラムが見つかったけどマイルの有効期間が短いという場合は、まず、延長措置がないか確認してみてください。簡単にですが延長措置の有無について、前回の記事「チェック項目2:マイルの有効期限」の表内にまとめているので、よかったらそちらも参考にしてみてください。

次回は、チェック項目の4番目「特典交換に必要なマイル数」と5番目「フライト以外でマイルを獲得できる提携先の内容」をまとめてお話ししたいと思います。この4回シリーズも次回で最後になります。ちょっとしたことだけど、加入した後に「失敗した!」と後悔しがちなポイントを織り込みながらお話ししたいと思っているので、ぜひ寄ってみてください。

 他のチェック項目はこちらから・・・
チェック項目1:よく使う路線は自社運航便か?
チェック項目2:マイルの有効期限
チェック項目4:特典交換に必要なマイル数
チェック項目5:フライト以外でマイルを獲得できる提携先の内容